大地震から家族を守り抜く
強い住まいへ。

地震の国、日本。大きな揺れにも動じない、安心して暮らせる住まいが求められています。現行の耐震基準は、昭和56年6月に導入されました。ですから、それ以前に建てられた住まいは耐震性能に不安を残している可能性があります。また、建物は日々劣化するため、耐震性能が低下してゆく恐れも。定額制リフォームの家「再新住宅フルリ」では、施工前に耐震診断を行い、今のお住まいの耐震性能を評価。診断結果をもとにした的確な耐震工事により、新築同等の耐震性能を実現します。

耐震性能調査

今のお住まいに、耐震金具は備え付けられているか。木材のひび割れや腐食はないか。担当スタッフが専用の検査器具を使用しながら、床下、屋根裏、基礎周りなど、建物を隅々まで調査します。

上部構造評価

評点1.0以上の耐震強度。

建物の耐震性を示す指標に「上部構造評価」があります。耐震診断により、今のお住まいの評点が算出されます。当社では「バランスの良い壁」と「ムダのない耐震金物」を軸とした耐震工事を施すことにより「一応倒壊しない」とされる評点1.0以上を目指します。

※評点1.0は現行建築基準法構造規定の定める「一応倒壊しない」という 耐震強度を有することを示します。