地震の衝撃力を約50%低減 制振ダンパー標準装備
耐震3相当

地震の揺れを吸収して、大切な家財と家族の安全を守ります。

「揺れに耐える」制震、「揺れを伝えない」免震、次世代制振装置制振ダンパーは、「揺れを吸収する」制振(制震)です。制振(制震)とは地震力をエネルギー吸収により建物の変形を抑え、構造躯体の変形を抑制し建物の損傷を軽減する技術で繰り返しの揺れにも効果を発揮します。

制振ダンパーの効果

今までの住宅は、筋交いや合板を増やしたり接合部分を金物で接合し、がっちり固めた家が良しとされてきました。ただ固めた家は、頑丈そうではありますが大地震のあとのたび重なる余震で、少しずつ緩んできます。

制震が選ばれる理由

制震ダンパーを装着した建物は、この頑丈な家に地震力が働くと地震力をジワーっと吸収して、建物を守ってくれるのです。そして、繰り返しの地震(余震)に対しても何度でも制振ダンパーが働いてくれるのです。