夏涼しく・冬暖かい
本当に快適な住まいへ。

冷房しても、なかなか冷えない。暖房をかけても、底冷えする。これらは、住まいの断熱性能の低さが原因です。定額制リフォームの家「再新住宅フルリ」では、この問題を根本的に解決。壁面はもちろん、夏の暑さを軽減する天井、冬の底冷えを和らげる床、そして結露の原因になる窓まで、外部と接する部分について、徹底的に断熱性能アップを施し、より快適で健康的な住まいを実現します。

断熱性能調査

サーモグラフィーや小屋裏・床下診断の結果をもとに正確な現状を把握し適切な断熱材をご提案させていただきます。
その土地の気候、風土や建物の構造によって断熱材を間違えるとかえって家の劣化の進行を早めますので、プロによる診断をお勧めいたします。

吹付断熱

建物全体をウレタンの「泡」で覆う、吹付断熱「アクアフォーム」を採用。一般的な断熱材よりも高密度で隙間なく充填することができるため、高い断熱効果が実現します。これでもう、ヒューヒュー隙間風を気にすることもありません。

窓も断熱

熱を通しやすい窓は、建物の断熱性能を下げてしまう大きな要因です。「再新住宅フルリ」の窓は、断熱性の高いペアガラス。太陽の光を感じる開放的な空間を実現しつつ、結露の心配からも開放されます。

ライフサイクルコスト

ライフサイクルコストは、リノベーションから仮住まい、完成後の生活に至るまでの総費用(生涯費用)を示すものです。リノベーションをする際に工事費用(初期費用)が必要となります。工事費が高額であるため,計画時は工事費のみに目が行きがちですが,耐久性の低下に著しく影響を及ぼす、低品質の材料・部材を採用した場合、住宅全体の断熱性や光熱費にも大きな影響を及ぼすことがあります。
場合によっては年間の光熱費が30万円以上もお得になることがございますので、正確な省エネ診断をお勧め致します。