ブログ
BLOG
アバター

フルリを建ててみようか。vol.1

みなさん、こんにちは。
人事採用担当の横尾です!

採用ブログでは、
毎週のように暑苦しい思いの丈を
全力で伝えている私ですが、
フルリ、初めてのブログに
少し、ドキドキしています。笑

どうして、採用担当がフルリブログを?!と
思われている方もいるかもしれません。
私自身もブログを書くことになろうとは
全く思ってもみなかったのですが…。

というのも、私・・・。


この度、
家を買うことに
したのですー!!

定期的に買い替えるような
ものではなく、


「一生に一度、
 買うか。買わないか。」


一大決心をしないと遭遇しない。

そんなワクワクする場面に
立つことになったので


どのような時に
どのような感情が
芽生えるのか?


あの時期には
何が必要だったのか?など


素人目線から
いろいろとお伝えすることが
できればいいなと思い、
ブログを始めてみます!

まずは、ブログvol.1として。

どうして
フルリを建てる気に
なったのか?から、
お伝えしてみたいと思います。


冒頭から、
字面だけみると
悲しい気持ちに
なるかもしれませんが…。

家庭の事情も色々あり、
4年前に父が他界しまして、
母が1人で戸建賃貸の家に
住むことになりました。

父が病に倒れてから
夫婦の中で色々と
話し合うことは
あったと思います。

土木業を営む
昔ながらの
頑固おやじ。

でも、
母は父が好きでしたし
父も母を好きでした。

父が病に倒れる前に
母に約束していた事。

それが、

「家を買うたる」

ことだったんです。

私も父が好きでしたし、
そんな父が大切にしていた
母への想いを
どうにかカタチにしたい。

そんな想いから
家を建てることに決めました。

新築を建てようと思うと
母の住みたいエリアには
物件が無く、
全て壊してイチから建てるには
資金が足らず…。

工作も好きだったですし、
昔の夢は現場監督だったので
私一人でもリノベーション
出来るのでは?と
甘い考えがよぎってました。

自分が住むなら
良いかもしれないけど、
母が住むなら
きちんとしたものを
建ててあげたい…。

本当にいろいろ考えて
社長に相談しに行きました。

母に家を
建ててあげたい。

そんな想いをぶつけたら、
二つ返事でOKをいただけて
「横尾、親孝行プロジェクト」
がスタートしました。笑


次回(vol.2)!

~横尾、物件を探す。~

をお楽しみに♡


ちなみに、
明日と明後日には
フルリのイベントが
あるみたいですよ♪♪

6.15 sat ~ 6.16 sun
リノベーション無料相談会

お気軽にお問合せくださいませ!
とのことです♡